新型コロナウイルス感染症の患者等について、県衛生研究所、水戸市保健所及び民間検査機関で変異株のPCR検査を行ったところ、L452Rの変異がある変異株の陽性例が58例確認されました。

 県内では、これまでにL452R変異株の感染者が本件を含めて362例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっております。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と称されていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は、従来株に比べて高い感染性やワクチンの効果を弱める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代      性別     居住地      経過          備考
 ~20代 25名 男性 39名 茨城県及び県外 7月下旬陽性判明 ・既公表のL452R変異カウb陽性者の接触者
   30代 14名 女性 19名                        *1カ月以内の海外渡航歴無し
   40代 5名
   50代 12名
   60代 1名
   70代 1名

  *現在、感染経路については管轄保健所で調査中であり、接触者等については広く検査を実施していきます。


 7月30日、県内において、新たに新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたで、下記のとおりお知らせします。
 また、新型コロナウイルス感染症患者の退院・退所等について、あわせてお知らせします。

1、患者の発生概要等
 ・7月30日公表分
  ・新規感染   :85名
  ・濃厚接触者  :126名
  ・合計      :213名
  ・累計      :12289名
  引き続き、患者の濃厚接触者についてPCR検査及び健康観察を実施いたします。
   <参考>
    ・PCR検査数:県衛生研究所で56名実施

2、退院・退所等
 ・7月30日県公表分
  ・退院等     :13名
  ・退所       :41名
  ・自宅療養終了 :26名
  ・合計      :80名
  ・累計      :10922名

 
     
 県内において、新たに新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたので、下記のとおりお知らせします。
 また、新型コロナウイルウス感染症患者の退院・退所等について、あわせてお知らせします。

1、患者の発生概要等
 ・7月28日県公表分
  ・新規感染   :76名
  ・濃厚接触者   :101名
  ・合計      :171名
  ・累計      :11901名
  引き続き、患者の濃厚接触者についてPCR検査及び健康観察を実施いたします。
   <参考>
    ・PCR検査数:県衛生研究所で112名実施

2、退院・退所等
 ・7月28日県公表分
  ・退院等     :7名
  ・退所       :19名
  ・自宅療養終了  :14名
  ・合計       :40名
  ・累計       :10804名

 新型コロナウイルス感染症患者等について、県衛生研究所及び民間検査機関で変異株のPCR検査を行ったところ、L452Rの変異かがある変異株の陽性例が16例確認されましたので、公表いたします。

 県内では、これまでにL452R変異株の感染者が本件を含めて225例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっております。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と称されていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は、従来株に比べて高い感染性やワクチンの効果を高める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代     性別    居住地       経過         備考
 ~20代 5名 男性 9名 茨城県及び県外 7月下旬陽性判明 ・既公表のL452R変異株陽性者の接触者
   30代 1名 女性 7名                        *1カ月以内の海外渡航歴無し
   40代 3名
   50代 2名
   60代 2名
   70代 2名
   80代 1名

  *現在、感染経路については管轄保健所で調査中であり、接触者等については広く検査を実施していきます。

 
 7月26日、県内において、新たに新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたので、下記のとおりお知らせします。
 また、新型コロナウイルス感染症患者の退院・退所等について、あわせてお知らせします。

1、患者の発生概要等
 ・7月26日県公表分
  ・新規感染   :39名
  ・濃厚接触    :43名
  ・合計      :82名
  ・累計      :11611名
  引き続き、患者の濃厚接触者についてPCR検査及び健康観察を実施いたします。
   <参考>
    ・PCR検査数:県衛生研究所で26名実施

2、退院・退所等
 ・7月26日県公表分
  ・退院等    :1名
  ・退所      :19名
  ・自宅療養終了:18名
  ・合計      :38名
  ・累計      :10718名
   
 新型コロナウイルス感染症の患者について、民間検査機関で変異株のPCR検査をおこなったところ、L452Rの変異がある変異株の陽性例が10例確認されましたので、公表いたします。

 県内では、これまでにL452R変異株の感染者が本件を含めて209例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっております。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と称されていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は、従前株に比べて高い感染性やワクチンの効果を高める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代     性別    居住地 経過         備考
 ~20代 5名 男性 5名 茨城県 7月下旬陽性判明 ・既公表のL452R変異株陽性者の接触者
   30代 1名 女性 5名                   *1カ月以内の海外渡航歴無し
   40代 2名
   50代 2名

 *現在、感染経路については管轄保健所で調査中であり、接触者については広く検査を実施していきます。
 
   
 7月25日、県内において、新たに新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたので、下記のとおりお知らせします。
 また、新型コロナウイルス感染症患者の退院・退所等について、あわせてお知らせします。

1、患者の発生概要等
 ・7月25日県公表分
  ・新規     :17名
  ・濃厚接触者 :42名
  ・合計     :59名
  ・累計     :11525名
  引き続き、患者の濃厚接触者についてPCR検査及び健康観察を実施いたします。
   <参考>
    ・PCR検査数:県衛生研究所で34名実施

2、退院・退所等
 ・7月25日県公表分
  ・退院等   :9名
  ・退所     :23名
  ・自宅療養終了:17名
  ・合計     :49名
  ・累計     :10675名

 新型コロナウイルス感染症の患者等について、県衛生研究所、水戸保健所、民間検査機関及び医療機関で変異株のPCR検査を行ったところ、L452Rの変異がある変異株の陽性例が7例確認されましたので、公表いたします。

 県内では、これまでにL452R変異株感染者はが本件を含めて142例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっております。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と呼ばれていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は従来株に比べて高い感染性やワクチンの効果を弱める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代     性別     居住地      経過           備考
 ~20代 3名 男性 2名  茨城県及び県外 7月下旬陽性判明 ・既公表のL452R変異株陽性者の接触者
   30代 2名 女性 5名                         *1カ月以内の海外渡航歴なし
   50代 1名
   60代 1名

  *現在、感染経路については管轄保健所で調査中であり、接触者等については広く検査を実施していきます・

2、変異株のゲノム解析結果について
 これまでにL452R変異株陽性者として公表した9名について、デルタ株と確認されました。
            新規公表分   累計(本日分を含む)
   デルタ株    9名        27名

 
 7月20日、県内において、新たに新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたので、下記のとおりお知らせします。
 また、新型コロナウイルス感染法患者の退院・退所等につちえ、あわせてお知らせします。

1、患者の発生概要等
 ・7月20日県公表分
  ・新規感染   :26名
  ・濃厚接触者   :28名
  ・合計      :54名
  ・累計      :11201名
  引き続き、患者の濃厚接触者についてPCR検査及び健康観察を実施いたします。
   <参考>
    ・PCR検査数:県衛生研究所で23名実施

2、退院・退所等
 ・7月20日県公表分
  ・退院等     :4名
  ・退所       :19名
  ・自宅療養終了 :10名
  ・合計       :33名
  ・累計       :10464名

 新型コロナウイルス感染症の患者について、県衛生研究所及び民間検査機関で変異株のPCR検査を行ったところ、L452Rの変異がある変異株の陽性例が4例確認されましたので、公表いたします。

 県内では、これまでにL452R変異株の感染者が本件を含めて135例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は、県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっています。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と称されていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は、従前株に比べて高い感染性やワクチンの効果を弱める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代     性別    居住地 経過         備考
 ~20代 1名 男性 3名 茨城県 7月下旬陽性判明 ・既公表のL452R変異株陽性者の接触者
    30代 2名   女性 1名                  *1カ月以内の海外渡航歴なし
   60代 1名

  *現在、感染経路については管轄保健所で調査中であり、接触者等については広く検査を実施していきます。

アイテム

  • delete.png
  • 10230000210.jpg
  • 取手二高.jpg
  • 第5傍聴.jpg
  • koukako.jpg
  • simoyama.jpg
  • 立志式mini.jpg
  • 白山開所式.jpg
  • 博物館に初詣.jpg
  • basukettos.jpg

タグクラウド

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ