2010年6月アーカイブ

将来の夢

IMG_8733.jpg取手一校の報告をしようと思っていましたが、すっかり遅くなってしまいました。      今月の23日、2時30分からと3時30分からの2回、講習を無事終えました。それぞれ約20人ほどの生徒を前に、会社のこと、自分のことなど、話しました。            私はセッカチで、早口を注意はしていたのですが、聞き難かったかもしれません。 

皆さんは高校一年生のとき、将来の自分の職業を考えてましたか?            私は全く考えていませんでした。新しい学校に進学して、初めてのクラスメイトのことや、毎日の授業のことで一杯で、とても将来の自分にまで考えは及びませんでした。                                                    取手一校の一年生が、どこまで自分の将来像を描いているのかはわかりませんが、少なくとも学校のプログラムで、逸早くこれからの自分たちのコ-スを決定し、進んでいけることは決してマイナスにはならないと思います。

それにしても、自分のこれまでを振り返って話すのは、恥ずかしい思いがしました。なかなか毎日の仕事に追われ、自分の歩んできたことを思い返す機会などありません。本当にいい経験をさせていただきました。感謝!

夢を求めて

toriiti.jpg明日は取手一校の一年生に、「夢を求めて」というテ-マにおける講演をすることになっています。                                        これは同校が平成15年から総合学科へと学科改編を行い、その一端として外部の社会人を講師として迎え、高校卒業後の進路選択のあり方や、自らのキャリアプランについて考える時間としての位置付けになるそうです。

昨年は5名の各分野の方達が講師として招かれ、一年生が自分の興味のある講師を選び、約40分講演を聴き質問するというものでした。                 私は昨年に引き続きメカニック部門の講師として招かれ、自動車整備会社の内容と、現在までの道のりを話しました。

同じ高校一年生の自分の子どもと比べてどうなんだろう?そんな興味がありましたが、その子達の将来選択の参考になればと、思います。                                     なんといっても10代という若さに無限の可能性と輝く未来を感じます。

早苗饗祭

IMG_8528.jpg早苗饗(さなぶり)祭って解りますか?高齢の方はご存知だと思います。                       
早苗饗は、田植えが終わり田の神様にお供えをし、ご馳走を作り、手伝ってくれた人たちに感謝をして、ともに楽しみ寛ぐ祭だと主催者の山口岩男さんに教えていただきました。                                                その第三回目の早苗饗祭が20日にグリ-ンパレス藤代で開催されました。
私も農業委員長の斉藤繁さんとともに、昨年同様、主催者として参加させていただき、80組もの方たちの唄や舞踊を楽しませていただきました。
皆さん始まる前は、緊張するとか言っていましたが、やはり各地区で練習されてる成果でしょうか、ステ-ジに立って歌い始めると堂々と落ち着いて、唄も衣装も素敵でした。
こんな地域の伝統や文化を大切にしていきたいと思います
今回は当方の連絡不足のこと等あり、出演者の方にはご迷惑をおかけしました。今回のことを教訓にして、また来年開催いたしますので、よろしくお願いします。

紫陽花の季節です

yun_6471.jpgこのところテーマはワールドカップと参議院選挙という毎日が続いていますが、今年12月に行われる県議選でも民主党公認の県会議員候補者の公認が発表され、この取手市および近隣地域の選挙区も発表されました。                                                私は私達が身近な生活に関係するのが県や市町村の政治だと感じます。それだけ一人の政治家により政治が大きく変わります。国政と同じく県政にも目を向けていただきたいと思います。

今日は利根町のあるお世話になった方のお宅で、「あじさいを愛でる会」というホ-ムパ-テイがあります。私は茶道など全くわかりませんが、日本茶も振舞われるそうで楽しみです。                                      箱根や鎌倉、近くでは本土寺などが有名な紫陽花、さまざまな色に咲く優雅な花ですが、私はどちらかというと日本の額あじさいが好きです。                                         今年は雨が少なくて、あじさいもあまり元気が無いようですが・・・

恩師との再会

今日は午前中龍ヶ崎市内の斎場での告別式、午後からつくば市での、告別式に参列してきました。つくば市は私の実家の近所の方が亡くなられたので参列しました。                                                          その席で中学卒業以来だったでしょうか、本当に久しぶりに中学校のときの恩師に出会いました。恩師に、どちらの学校で教鞭をとられているのか、お聞きすると、もう何年か前に退職したとの事でした。

私が中学3年の一年間だけの担任でしたが、多感な時期で先生には随分迷惑をかけたこと等、思い出しました。バスケット部の監督で若くお洒落な先生だったように記憶しています。私は大学時代、一時教職を目指していたのですが、この先生の影響が大きかったように思います。

あの頃中学生だった私も、今は高校二年と中学三年の子どもがいます。月日の経つのは早いものです。車を運転しながらの帰り道、あの頃のことを懐かしく思い出しました。

 

議員の定数は

IMG_6635.jpg今日ははっきりしないお天気でしたね。でも涼しくて助かりました。車で走っていると、参議院選の各政党のポスタ-が目に付くようになりました。参議院議員の選挙が、私たちにとって一番遠い選挙のような気がします。皆さんは何を基準に投票しますか?政党でしょうか?候補者の人柄、容姿、年齢etc・・・

町会議員、市会議員だと会ったり話したりすることもあるかもしれません。でも参議院議員候補者だと、本人がどういう人か、というところまでまでは解らないですよね。今回私はその政党のマニュフェストに、議員定数の削減をうたっているところに一票を投じたいと思います。

茨城県議会の定数は65名です。いずれ定数削減は必要だと思います。県議会に限らず、合併で首長は減り、各地方公共団体の議員も削減しているのが現状です。一方国会議員の定数は変わっていません。

今不景気で大変な時代です。先ず国会議員の皆さんが定数削減をして、お手本を示されたらと思います。

 

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ