取手市学校施設等の放射線量測定

取手市で10月初めに測定した放射線量結果が公表されています。学校関係は除染作業が進んでいるのか、数値が小さくなっているようです。学校に比べると公園はまだ放射線量の数値が高いようです。公園では中央1箇所の測定値です。

中学校では取手第二中学校の校庭1cmで、最も高い0.428マイクロシ-ベルトでした。小学校では白山西小学校の砂場1mの高さで0.42マイクロシ-ベルト、教育相談センタ-ひまわりで校庭1cmで0.406マイクロシ-ベルトでした。

一方公園・緑地等では市内45箇所の測定のうち、上高井慈光院内ちびっこ広場1cmで0.65マイクロシ-ベルト、あけぼの市民緑地1cmで0.61マイクロシ-ベルト、関鉄かえで公園1cmで0.59マイクロシ-ベルト、井野台公園1cmで0.56マイクロシ-ベルト等、学校施設から比べると高めの数値が公表されています。                           こういう公園などで遊ぶのは小さい子どもたちが多いので、これから早めに除染作業も進めていかなければならないと思います。

近くの公園等の測定値は、取手市のホ-ムペ-ジを参考にしてください。ただ測定結果はいずれも国の定める暫定基準値・毎時3.8マイクロシ-ベルト以内だそうです。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2011年10月16日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第23回つつじ園まつり」です。

次のブログ記事は「 農林水産委員会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ