Low Cost Airport

LCC.jpg茨城空港が、豪州の独立系シンクタンCAPAのアジア太平洋地域にある空港の中で、格安航空会社(LCC)にとって、運行経費が安い今年の最も優れた「ロ-コスト空港」として選ばれました。

茨城~上海間の片道最安値が4000円と話題を集めた春秋航空など、LCCが利用しやすい比較的低価格の発着料金を導入したほか、空港の場所も東京都心から100km圏内で「価値があるアクセスポイント」という点が評価されたそうです。                     また、3月の東日本大震災で空港タ-ミナルビルの天井の化粧板が落下するなどの被害を受けたにもかかわらず、けが人もなく、震災3日後には航空便の運航を再開し「LCCに実に優れたサ-ビスを提供し続けた」という点も評価されたそうです。

茨城空港も今回の受賞で、アジア太平洋地域でのLCC対応空港としてのお墨付きを得た形です。これで次の新たな航空会社誘致に弾みがつけばいいですね。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2011年10月22日 14:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 農林水産委員会」です。

次のブログ記事は「茨城県消防ポンプ操法競技大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ