利根町の跡地利用

利根町のまちづくりの推進課は、旧利根中学校・旧府川小学校の校舎などの建物と第二グランドを利用し「日本ウエルネススポ-ツ大学」が来年4月に開学することに伴い、校舎前にある第一グランド(面積1万5000平方メ-トル)の活用提案を募集しています。

町内には、旧利根中学校、旧布川小学校、旧東文間小学校の跡地、農用地基盤整備事業の中で獲得した立木地区内約6.3ヘクタ-ルの町有地があり、昨年度にそれぞれの施設・土地の利活用提案を募集しました。            

このうち旧利根中・旧布川小には「日本ウエルネススポ-ツ大学」が開業することが決まりました。スポ-ツコ-デイネ-タ-を要請するスポ-ツ特化型大学で、通信教育課程のスポ-ツプロモ-ション学科が来年4月に開学します。

第一グランドは、町が活性化のために活用しようとの考えから、当初は農産物直売所などの設備を計画していました。しかし大学の開学など、計画当初と状況が変わったことから、計画をいったん白紙に戻し、あらためて町民などから意見を募集することにしたそうです。町および町土地利活用推進協議会では、応募された意見を取り入れながら、旧利根中第一グランド内の活用を検討していく予定です。

少子高齢化でどの市町村でも、街の活性化に取り組んでいると思います。利根町がたんに通過する街から、利根町で車を止めて買い物したり、お茶を飲んだりできる場所や、「日本ウエルネススポ-ツ大学」との話し合いの中で、一般の人も利用できる食堂や喫茶のようなものを検討してもいいと思います。また利根町は県内でも高齢化率が高いほうなので、そういうリタイアした世代と新たに来た大学生が交流し協同で何かを産み出せる、そんな利根町の新たな可能性を模索できたらいいですね。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2011年12月18日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「事務所開き」です。

次のブログ記事は「取手市放射線量測定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ