2013年3月アーカイブ

双葉団地側溝

双葉団地の側溝の件で、自治会の方たちと取手市役所と現場を見に行きました。まだ一部側溝はあるものの蓋がついてなく危ない箇所が大分残っているので、その状況を市役所側と確認しました。

特に佐貫駅からつくばみらい市にぬけるメイン通りに平行して走る通り1本が、ほとんど手付かずのままなのでその通りを歩いて見てみました。この通りもそうですが、双葉団地の中にはまだ私道のままで、取手市に移管していないところがあちこちにあり、取手市側としても私道のままでは整備できないのが現状のようです。

先ずは双葉団地の自治会で、取手市に移管してもらうように声がけをして、取手市の道路にするよう進めていくようです。

先の通りは公園があり遊具も整備されていますが、側溝に蓋がないため早急に公園の回りだけでも整備してほしいとの要望でした。ただ側溝だけでなく道路自体が亀裂が入っていたり、中央が盛り上がっていたり根本的な整備が必要な状況です。

 

茨城空港3周年

ibarakiairportのコピー.jpg今年の常任委員会は総務企画委員会です。委員会は茨城空港も所管します。                                     朝日新聞に「乗客40万人に迫る」と茨城空港の3周年の記事が載っていました。

"茨城空港(小美玉市)で16日、開港3周年と来場者300万人を達成したのを記念し感謝の催しがあった。国内定期便もない状態から路線を増やし、今年度は乗客数40万人となる見通しで1年目に比べ倍増の勢い。当初80万7千人とした国の年間需要予測には及ばないが、関係者は離陸時の視界不良から脱したと観ている。

この日は、就航先の北海道、神戸、沖縄の観光大使や地元出身歌手らのステ-ジ、地元特産品の販売があり、来場者に記念のタオルが配られた。

茨城空港が開港した2010年3月11日、定期便はソウルからのアシアナ航空(韓国)だけで、将来性が危ぶまれていた。しかし、4月にスカイマ-ク神戸線が就航すると、7月に中国の格安航空会社(LCC)春秋航空の上海チャ-タ-便が飛び始めた。11年2月には札幌便が就航した。

10年度に20万3070人だった搭乗者数は、翌11年度に29万3203人と増加。今年度は、夏場の沖縄直行便で8月が4万5649人と月間の最高記録を記録し、1月までで34万1764人に達した。震災後、ソウル便は運休中だが、他の路線の増便が奏功した。

空港見学を含めた来場者も増加。10年度約78万人、11年度約98万人と伸び、今年3月7日に通算300万人を達成した。

搭乗者、来場者の増加で空港の評価も上向いてきた。日本航空グル-プで空港店舗の運営などをしているJALUX(ジャルックス)は、茨城空港初となるコンビニエンスストアを業界大手と共同で出店することを決めた。日航が就航していない空港での店舗は初めてで、ゴ-ルデンウイ-クに開業の予定。同社は「茨城空港には潜在的な可能性があると経営判断した」と話す。

地元小美玉市も空港への観光客誘致を図り、17億5千万円をかけて直売所やレストランが入る「空の駅」の建設を計画。来年3月ごろの開業を目指す。

地方空港を取り巻く環境は年々厳しくなっている。国は1999年に試算した茨城空港の年間需要予測を2005年度、11万人減の69万5千人に下方修正した。

橋本昌知事は「一度乗ればこんな便利な空港はないと分かってもらえる。ビジネスジェットが乗り入れられるようになれば、需要は相当ある」と話している。"

これからの茨城空港の課題はやはり格安空港はじめ各航空会社がどのくらい乗り入れるか?だと思います。全日空や日本航空がLCCの子会社を持つ中、どうやって他の路線を就航させるかがカギだと感じます。

 

卒業式

六郷小学校の卒業証書授与式に出席しました。今年の卒業生は33人でした。

それぞれの小学校で卒業式も違っているんでしょうね。六郷小学校は二人の子供たちの頃と同じで "旅立ちのことば"があり在校生と卒業生の歌があり感動的な卒業式でした。

例年卒業式は寒いくらいですが、今日は汗ばむくらいで体育館のなかで体調が悪くなる子も何人かいました。

卒業生は卒業証書をもらうときに、将来の夢を語ってくれるのですが、一人一人が、魚の飼育員だったり、サッカ-選手や、バスケットの選手、パテシエ-ル、通訳、手話通訳、医者などなど各自の夢を真っ直ぐに話してくれました。

それぞれの目標に向かって頑張ってください!

 

1日人間ドック

今日は筑波メデイカルセンタ-で1日検診を受けてきました。先月から左肩から背中、左腕が痺れるような鈍い痛みがあり気になっていたのですが、定例議会も一段落ついたので思い切って受診しました。

今回が初めての人間ドックでした。事前に送られてきた説明書と検便が2日分、当日の検尿を持って行ってきました。 一番胃の検査が心配だったのですが、発泡剤とバリウムも無事飲めて何とか終わりました。

9時30分受付のコ-スで身体測定、血液、視力、眼圧、眼底、聴力、肺機能、心電図、腹部超音波と流れるように進んでいきました。11時過ぎには検査が終了し、お昼を食べ午後14時前に医師からの説明までけっこう時間があり仮眠室でゆっくりしていました。

検査結果を聞くまでは多少心配もしましたが、まずまずでした。叔母も母もガンで亡くなっているので可能性はあると思いますが、現時点では問題ないようです。

たばこを吸うわけでも、滅多に酒も飲みませんし、ジムで適度な運動もしているつもりですが、所見にはメタボリックシンドロ-ムに注意してくださいとのことでした。最近はジムで血圧も測っていなかったのですが、下がちょっと高めでした。

やっぱり体が資本ですから、これからは定期的に検診を受けるつもりです。

県立高校入試

jukenn.jpg昨日は茨城県の県立高校入試でした。新聞に別刷りの入試問題が載っていました。国語とか社会、英語はまだなんとなく理解できますが、数学は1の数式の計算問題くらいで、理科は最初の滑車の絵をみて諦めました。

今日は各学校で特別選抜試験が行われます。中学校で運動部や文化部で活躍し、高校進学後も続けられる人たちは、昨日に引き続き面接や実技、作文で頑張っていただきたいと思います。

3月定例議会の代表質問も終わり、今日から一般質問に入ります。自民県政クラブでは午後13時から飯田議員が登壇します。これから水戸に向かいます。

今日も暖かくなるようです。私も軽い花粉症でくしゃみと鼻水がひどくなってきました。

県立高校卒業式

今日は茨城県内県立高校の卒業式でした。                                              取手市内には5つの県立高校、取手一校、取手二校、取手松陽、藤代、藤代紫水がありますが、昨年同様私は藤代高校に出席しました。今年が第38回目の卒業式で241名の卒業生でした。

式中に皆勤賞の受賞者表彰がありました。23名の生徒が表彰されましたが、3年間休まず皆勤っていうのはすごい!と感じました。

高校の卒業式でも父兄の方たちが大勢参加されるのですね。お母さんが出席するのはあると思ってましたが、男性の方も多いのででちょっと驚きました。私と違いそれだけ教育熱心なんですかね?

卒業された皆さん、自分の人生を頑張ってください!

桜の開花

sakuramap.jpg昨日も春めいて暖かい1日でしたが、今日も気温は18度くらいまで上るようです。

水戸の偕楽園や筑波山では恒例の梅まつりが開催されてますが、寒さの影響で開花はまだのようです。そんな中気象情報会社ウエザ-ニュ-ズは、今春の桜の開花予想を発表しました。

"冬の強い寒波と2月初旬の気温の上昇で、全国的に平年並みか少し早い開花となりそうだ。日本気象協会もすでに開花予想を発表。いずれも平年並みか少し早いとみている。

予想によると、主な桜名所で最も早い開花は熊本市の熊本城と高知市の高知公園で、3月19日ごろ。全国の名所を気象デ-タや会員の情報などから予測した。

これとは別に、都市ごとに多くの桜の木が開花する開花のピ-ク時期も予測。東京都は3月23~26日としている。"

茨城県では、水戸の桜の開花予想がでています。予報では平年並みで昨年4月6日より早く4月2日ごろだそうです。