2013年9月アーカイブ

取手市の回収汚泥

CIMG2505.jpg10月16日の一般質問に指定廃棄物に関する質問を予定しています。取手市の放射線量が高いという理由で焼却処分を断られた汚泥にもふれる為、取手市の環境対策課でお話をうかがいました。

まず事の経緯ですが、今年6月3日に市内各地区で清掃活動があり、側溝清掃で汚泥を集め土嚢袋に入れ、翌4日に市で業者委託により回収・処分したが、この回収した汚泥から高い数値の放射線が測定されという理由で焼却処分を断られたため持ち帰ったということです。

6日に業者が保管していた回収汚泥を確認、放射線量(空間線量)を測ったところ土壌直近の値は約3.8マイクロシ-ベルトでした。

7日に再度詳細に放射線量(空間線量)を測定したところ、サンプリングした土壌単体では0.23マイクロシ-ベルトを下回りましたが、集合体にすると上回ることを確認し、今後の地区住民による清掃活動での側溝清掃を自粛することした。

8日に運送業者が保管している回収汚泥(243袋分)を市役所に移動。保管場所の放射線量測定値は汚泥移動前0.181マイクロシ-ベルト、汚泥移動後、遮蔽前0.685マイクロシ-ベルト、遮蔽後0.201マイクロシ-ベルト。回収汚泥から試料を採取し測定機により分析すると、14805ベクレルが測定されました。

現在市役所の駐車場一角に、ビニ-ルシ-トの上に土嚢に入れた汚泥を重ねそれらをビニ-ルシ-トで覆い、その上に土嚢の重しをし保管されています。今後より安全に保管するため議会棟の1階に移す予定との事でした。

担当の方の話では、国の定める8000マイクロシ-ベルトを仮に下回っても、処分場においてそれぞれに設定した数値がありその数値以上だと受け入れてもらえない現実があるそうです。例えばある処分場では6000マイクロシ-ベルト以上の物は受け入れられないといえば、仮に国が定める80000マイクロシ-ベルトを下回っていて指定廃棄物ではないにしても処理できず保管するしかないという現状です。

もし市で保管している汚泥を指定廃棄物と認めてもらうにしても、国ではもっと細かい検査が必要ということです。また一度指定廃棄物に指定されてしまうと、現在指定廃棄物からの解除ができないそうで、取手市でもどうするか考慮中とのことでした。

通学路危険個所

先日第6回通学児童の安全確保に関する調査特別委員会が開催されました。8月末の緊急合同点検における対策必要箇所の対策実施状況は対策未定箇所が40箇所で対策済み率は71%に上がっていました。

その対策未定箇所の40箇所に取手市は2箇所、利根町は1箇所ありました。取手市ではいずれも白山小学校の通学路で1箇所は中原町の常総線跨線橋から国道6号線までの間です。現場は20mくらいで道幅が狭く、路側帯が無い道路で、現在も時間規制があり、スク-ルガ-ドでバリケ-ドを設置している。対策未定の理由は外側線を引くことができるか幅員等を確認し検討中です。

もう1箇所は国道294号の入り口辺りから白山商店街の歩道橋辺りまでの、国道6号線沿いの歩道及び歩道橋です。状況は国道との境にガ-ドレ-ルは設置されているが、歩道が2mと狭く歩道内に電柱があり、人同士がすれ違うのがやっとであり、自転車が通行してくると危険度が増す。また、歩道橋の階段の降り口が狭いため付け替えが必要である。対策未定の理由は歩道橋の階段降り口の改良対応について、国道事務所に要望書類提出予定、との事です。

利根町は文間小学校の押戸地区の通学路(町道1311号線)で幅員が狭く、歩道もありません。町では歩道の設置などを検討中で、注意喚起の標識を設置済みです。

対策済みや対策予定の中にも、看板を立てたり、スク-ルガ-ドが立哨するなどのソフト面の対応で対処しているものもあります。通学路の安全確保のためには、今後の根本的な対応が課題になります。

競輪場.jpg取手競輪場メインスタンドの改修工事が完了し、リニュ-アルオ-プンしました。本日25日から27日まで「日刊スポ-ツ杯」F1が開催されます。

新メインスタンドは旧バックスタンドを改修した鉄骨造り地下1階、地上5階建てで、建築面積は約2500平方メ-トル。工事費は約13億円。

1階は立見席、投票所、売店、休息所、2階は屋外観覧席、休憩所、放送スタジオ、喫煙室、レストラン、喫茶コ-ナ-、3階は特別観覧席、立見席、投票所、4階は執務委員長室、競技委員長室、審判室、5階はテレビ室、実況カメラ室、写真室などとなっています。

メインスタンドの収容人員ですが、1階立見席が500人、2階屋外観覧席が288人、3階特別観覧席(指定席)が448人、同じく(立見席)200人で約1440人となります。

取手競輪場は昭和25年2月の開設以来、今年で54年目を迎えるそうです。今回の新メインスタンドのオ-プンで魅力ある競輪場になってほしいと思います。私も10月議会の一般質問で今回のリニュ-アルオ-プンを取り上げる予定です。

9月10日から12日まで2泊3日のスケジュ-ルで台湾視察に行ってきました。初日9時40分のチャイナエアラインで台北に、到着後14時過ぎから大使館にあたる"日華交流協会台北事務所"で会合にはいりました。当日は日本から自民党青年局が100名からの団体で台湾に来ており、交流協会の偉い方たちほとんどはそちらにかかりきりのようでした。私たちは福岡県庁から出向していらしてる木部さんという方に台湾情勢、最近の日台関係など伺いました。

台湾には沖縄県が事務所を開設、その後富山、静岡県と現在は事務所を開設しているそうです。また木部さんと同じように山口県も職員を派遣し始めたそうです。やはり台湾との経済協力・観光誘致・物産輸出促進・航空誘致などの目的でしょうが、福岡県は台北以外にも、上海、香港、カリフォルニア、タイと職員を派遣している説明を聞きました。県の人口も予算規模も茨城と福岡では違うと思いますが、積極的に職員を海外に派遣しているのは素晴らしいと感じました。

2日目は午前中、台湾北部にある新竹地区視察で、新竹サイエンスパ-クを訪ねました。この地はかつては農村だったそうですが保税地区として半導体メ-カ-をはじめ世界各国の会社が進出していました。茨城県だとつくば学園都市と同じようなイメ-ジです。

昼は新竹市内で地元の許 明財市長、孫 鍚洲副議長、新竹県の徐 柑妹秘書長さんたちと一緒に歓談しながらの昼食になりました。

午後は台北に戻り交通部観光局で会合。ここは日本の国交省の下のような組織にあたり、質疑の中で茨城への観光誘致へのアドバイスをいただきました。オ-プンスカイ協定後台湾からは日本の地方空港に13路線が就航しています。やはり茨城へ台湾からの観光客を誘致するには、台湾と茨城空港の就航以外考えられないように感じました。

ちなみに茨城空港からのチャ-タ-便は開港以来以来国際便は136便です。そのうちの71便が台湾でチャ-タ-便の半数を占めています。今後茨城県は観光客誘致のためにも、茨城空港活性化のためにも定期チャ-タ-の就航締結を促進しなければならないと感じました。

最終日は北西部の台北港を視察しました。台北港は2005年9月に一部FreeTradeZoneとしてKeelung、Kaoshiung、Taichung Portに続き4番目の港だそうです。Keelungの港もに近く、また先日訪れた新竹サイエンスパ-クや空港にも高速道路で結ばれています。

台湾は非常に親日的な方が多く、私にとっては非常に好印象の国でした。日本への観光客も前年比53%の増加だったそうです。次回は茨城空港から台北に行ってみたいですね。

CIMG2483.jpg藤代中学校第37回体育祭に行ってきました。開会式は9時からでしたが、朝から気温が上がって汗だくでした。プログラムを見ると種目が少ないような気がしましたが、けっこう迫力がありました。体育祭は空、光そして愛の三つのチ-ムに分かれて得点を競っていました。

特に3年女子による"女子タイヤ引き"は面白かったです。タイトルからはわかりませんが、タイヤ争奪戦と言った方がピッタリの種目でした。グランドの中央に置かれた10数個のタイヤを、両側の陣営から走って自陣に持ってくる種目でタイヤを引っ張り合う姿は迫力十分でした。

私は3年生の"男子棒倒し"までしか見れませんでした。さすがに3年男子の棒倒しは躍動感あふれ迫力あり楽しかったです。

徒競走も障害物競走も、最後まで一生懸命走っていて非常に好感が持てました。藤中309名の皆さんこれからも中学校生活を楽しんでがんばってください!

 

横断歩道

yotuyabasisinngou.jpg以前藤井市長の市政報告会に参加したとき、会場で取手一校前交差点が不便だと要望をいただきました。取手警察に現状を確認してもらうようお願いしました。

現場は取手一校前の交差点です。これまでは四ッ谷橋側に横断歩道が無い為、JR線路沿いを上がってきて四ッ谷橋交差点で一度取手一高側へ渡り、取手駅に行くためには再度横断歩道を渡ることになります。

先日取手警察から、横断歩道と歩行者用信号がついたと連絡がありました。以前だとかなり時間がかかりましたが本当に迅速な対処でした。

一つの横断歩道は、取手市全体から見たら小さな箇所かもしれませんが、取手市が便利になり暮らしやすい街になるため、地域間競争に勝つためにはそんな小さな一つ一つが大事なことなんだと感じます。

golf.jpg今朝は未明からすごい雨で、ゴルフ大会が開催できるか心配でした。朝のうちこそ雨でしたが無事先ほど最終組がスタ-トしていきました。

私は例年通りアウトのスタ-トホ-ルで皆さんを見送りました。今日は風もあり曇りで気温も上がらず大分樂でした。雨の為何人かキャンセルはありましたが、200名近くの参加を得て無事終了できそうです。

パ-テイは18時ころからの予定で、知事が17時半から河内町で街頭があり、18時半ころにはゴルフ場にこられると思います。

知事選街頭

hasimototiji.jpg昨日朝から取手市で橋本昌候補の街頭演説が3箇所ありました。9時半から藤代庁舎前の交差点、10時半から青柳ヤオコ-前、11時半から取手駅東口でした。

それとは別に9時から藤代の常陽建設の飯田社長さんにお願いして、9時から社員の方たちと近隣の方たちで40名ほど集まり知事を激励しました。

また10時から私の後援会事務所で約200人の会員が、今回の知事選にかける橋本候補の思いを聴きました。県道中内大込線の藤代陸橋、相野谷川の進捗状況など取手市の状況や県事業を説明いただきました。

今日5日は利根町で16時から街頭で応援に入ります。利根町の皆さん宜しくお願いします。