2014年6月アーカイブ

水戸黄門賞GⅢ

取手競輪場では毎年恒例の水戸黄門賞が、26日から本日29日まで連日開催されています。私たち自民県政クラブでも今年で3年目になりますが、毎年水戸黄門賞に合せて取手競輪場の視察をさせていただいてます。

3年前の東日本大震災後に訪ねたときは、旧メインスタンドは観覧席や審判室のガラスが割れ危険な状態で、またバンクにヒビが入り本場開催ができない状態でした。昨年はその旧メインスタンドも取り壊され、旧バックスタンドをメインスタンドに作り替え、審判室や一般席、特別席とうのフロアも新しくなった取手競輪を見せていただきました。

昨年度中に残っていた一般席スタンドの耐震工事も終わり、リニュ-アルした取手競輪場を、バックスタンドに残る特別観覧席や新しくなった屋内車券所や取手芸大の作品なども視て回りました。

たまたま昨日競輪場に着いたとき、ゲストト-クに参加予定の元小結高見盛の振分親方にお会いし、ト-クショ-が始まるまで写真を撮らせて頂いたり、お話しさせて頂きました。親方は「今あちこちに出向いてスカウトをしている」なんて事も言ってました。

午前中雨が降ったりしてますが、取手競輪場では"仮面ライダ-鎧武/ガイムショ-"が11時45分からと13時45分から予定されています。

土木委員会県内調査

朝から県西地区の委員会調査で筑西市の合同庁舎に来ています。今日は筑西市の小貝川新橋から結城市の鬼怒川大橋、境町の圏央道境古河インタ-チェンジと国道354号バイパス、そして常総市にある水海道浄水場の高度浄水処理施設、最後に圏央道常総インタ-チェンジと国道294号の4車線化を視察します。

県西地区はやはり圏央道です。圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から半径およそ40~60kmの位置に計画された、延長約300kmの高規格幹線道路です。横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの都市を連絡し、東京アクアライン、東京外郭環状道路などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成する首都圏3環状道路の、いちばん外側に位置する環状道路です。

このうち茨城県内は約71km、今年4月12日に稲敷東ICから千葉県の神崎ICが開通しました。県内では平成15年3月に開通した常磐道と繋がるつくばJCからつくば牛久IC、そして順次牛久阿見IC、阿見東IC、稲敷IC、稲敷東ICと開通してきました。今後つくば中央ICから常総IC、坂東IC、境古河ICまでが27年度完成予定で、境古河ICから五箇IC、さらに埼玉県の幸手IC間は今年度中の完成予定です。また阿見東ICと稲敷IC間に江戸崎パ-キングエリアが整備される予定です。

早苗饗祭

今年で7回目になる山口会長主催の早苗饗祭が開催され、応援団長を拝命している私も出席してきました。今年は銭太鼓やどじょうすくい、都都逸、フラダンスなども披露され、72名の皆さんがカラオケを熱唱されました。

私も佐藤隆二取手市議会議長と最初に挨拶させて頂きました。初めは銭太鼓までと思っていたのですが、知ってる方の歌う番まで、フラダンスまで、お昼までと思っているうちについつい最後のカラオケまで楽しませて頂きました。

知ってる歌はほとんどありませんでしたが、みなさん上手なのとステ-ジでの艶やかな衣装にびっくりしてしまいました。

東北被災地視察3

午前中仙台空港のある名取市、閑上地区を回りました。3年前仙台空港を視たときは、津波の跡が痛々しかったですが、仙台空港アクセス鉄道も稼働しており、今日も多くの人と車で空港自体は復旧していました。

仙台市は他の被災地と比べても格段に復旧が早いようです。先ほどの空港への鉄道沿線では、新しい住宅地が出来上がっていました。海岸線から高速の仙台東部道路の間が特に津波被害が酷かったのを記憶していますが、そのエリアはまだまだで、今盛んに海岸線の堤防が造られていました。かつては海岸線の住宅地であった通りを、今はダンプカ-が走り回っていました。

前回も訪れた日和山で手を合わせ、近くの復興桜を視て、最期に閖上中学校で亡くなられた14名の生徒さんたちに線香を手向けてきました。当日は市内の中学校は卒業式だったそうです。

今回は仙台市内に泊り各地を視て回りましたが、仙台市内の車のそして人の多さに驚かされました。仙台駅前のア-ケ-ドなど若い人たちで一杯でした。東北は仙台一極に集中しているのでしょうか?

東北被災地視察2

ここ仙台市内から、今日は気仙沼市内、南三陸町、石巻市内と視察する予定です。今回3度目の被災地視察になりますが、3年経過し復旧は確実に進んでいるのでしょうか?

昨日の福島県の被災地塩屋埼地区の海岸線も、昨年来たときのような廃棄物が積まれている事はなくなり、盛んに整地作業が行われていました。

常磐道富岡から、富岡町、川内町、田村市と居住制限区域か、避難指示解除準備区域を回ってきました。川内町では環境省で放射線量の測定が行われていました。川内町の一部は避難指示解除準備区域で、日中の間は自宅に戻ることを許されているそうです。又各市町村各地に除染作業で出された廃棄物が黒い袋で積まれているのが印象的でした。

東北被災地視察1

今日から3日間自民県政クラブの会派の視察です。境町の半村議員の事務所に集合し、8時の出発予定です。

今回はここからレンタカーで福島県から、仙台、気仙沼、南三陸町、石巻等を回り復旧状況を視察してきます。帰りには北茨城市により現状を視る予定です。
2日間仙台を中心に太平洋海岸線の復旧状況を調べてみたいと思います。

今日は雨の予報でしたが、豪雨にならないといいのですが。
そろそろ出発します。

メロン狩り 2

14,15日の両日で取手市内後援会のメロン狩りが終わりました。14日が350人、15日が280人と大勢の皆さんにご参加いただきました。お陰様で二日間とも晴天に恵まれました。鉾田のメロンパ-クでのメロンも甘くて、皆さん満足されたようです。

私は両日とも予定があり、お昼の会場で皆さんをお迎えしましたが、皆さんからは「お天気でよかった!」と、「メロンは美味しかった!」という声をかけていただきました。本当に3日間ともお天気に恵まれ、特にこの週末は風があり爽やかな天候でした。

15日の昼食会の最後には、大和田さんから私に対して"エ-ル"を送っていただきました。感激しました。今後とも皆さんからのご支援を忘れることなく頑張って行きたいと思います。

本当に多くの皆さんにご参加いただきありがとうございました。また後援会の役員の皆さんにはお世話になりました。

土木企業委員会

今週9,10日の一般質問に続いて、昨日常任委員会の審議が終了しました。私の属する土木企業委員会は、午前中企業局の説明と審議、午後から土木委員会の説明と審議が行われました。

今回私の土木委員会での質問は、一般質問の中にも取り上げられていた道路インフラの老朽化の問題についてと、取手二校の入札に係る適正価格と旧校舎解体工事中の落石事故でした。道路インフラの長寿命化の現状を詳しく委員会で聞きたいと思っていましたが、多少島田委員と重なってしまいました。

委員会終了後、前回3月議会に引き続き「入札問題」についての勉強会がありました。今回は総合評価についてでした。地元の貢献度や営業所の有無、災害時の協力などが点数化され加点され、入札金額だけで判断するのではない総合評価を進めていくということです。総合評価点方式は、入札時にその評価点を持ち点にプラスして入札価格で割った数値で適正業者を判断しようとするものです。

いつものことながら議会中の委員会審議が一番疲れます。自分の一般質問は別ですが、とりあえず今は委員会の審議が終わりホッとしています。

6月定例議会

昨日6月4日から定例議会が始まりました。年間4回の定例議会は、3月、6月、9月、12月と開催されます。その中で3月は新年度予算と補正が、9月も補正が入ってきますので各党代表質問もあり、会期も長いのですが、6月と12月の定例議会は一般質問と常任委員会、特別委員会で会期は短めです。

また一般質問の時間が3月、9月議会は午後1時から3人の予定ですが、6月、12月議会は午前11時から4人の予定です。来週10日には取手の中村議員が初めての一般質問に立ちます。取手市内から大勢の支持者の方たちがいらっしゃるそうです。どんな質問内容なのか楽しみです。

メロン狩り 1

連日の暑さの中、利根町後援会の日帰り旅行を開催しました。午前中鉾田市でのメロン狩りの後、笠間で昼食、筑波海軍航空隊記念館を案内してもらいました。
昼食会場は笠間の"フォレストパ-ク笠間"という結婚式場で、会場も広くて快適でした。昼食会には遠山町長ご夫妻、今井議員、坂本議員、守谷議員のみなさんにもおいで頂きました。

当社出発が7時と早かった為か、メロン狩りを終え、昼食会場に11時過ぎには到着してしまい、12時30分から予定していた会を12時過ぎから始めるアクシデントもありましたが、無事終えることができました。

記念館の橘川さんのアイデアで、暑いさと人数が多いため、昼食会場で記念館の説明と、見る予定のビデオを見せてもらいました。

ハウスの中でのメロン狩りは暑さで心配しましたが、皆さん「メロンは甘かった」と満足してられました。無事まずは利根町が終わりホッとしています。ご協力いただいた後援会の支部の皆さんありがとうございました。