2015年5月アーカイブ

運動会

昨日は快晴で、爽やかな風が吹く1日でした。取手市内の小学校の多くで運動会が開催されました。私は朝から利根町主催の利根町民運動会に参加しました。今年で44回目でした。今年も地元ウエルネス大学の学生や筑波大学の学生が、地域の方たちに混じって大会をサポ-トしていました。

小さい子から小中学生、高齢者まで多くの町民が参加していましたが、種目もよく考えられていて多くの世代の人が参加できるプログラムになっていました。またそれぞれの競技に賞品が用意されていました。例年むかで競争に参加させて頂いていますが、今年は教育委員会の皆さんと5人で走りました。転ばないでゴ-ルできましたが、残念ながら4番目で賞品はありませんでした。利根中のグランド半周はいい運動になりました。

小学校の運動会と云うと、私などは秋口の印象が強く、それは自分の子どもの頃の記憶によるところが多いわけですが、稲刈りが終わった頃の秋空の抜けるような青空や家族と一緒に食べる、お稲荷さんや海苔巻ばかり思い出されます。5月開催だと、わずか2か月近くかなり時間的に制約があるように感じます。

開会式で具合の悪くなる児童をみると、10月頃の暑さはやはり要注意なんでしょうね?
今日の午後から、明日の夕方まで茶ノ水の明治大学のホ-ルでのセミナ-に参加しています。財団法人自治創造学会が主催する研究大会です。今年に入ってから何度かこの学会主催のセミナ-を受け、今回のタイトルが日本が直面する人口減少・少子高齢化問題を取り上げているので参加しました。

初日は、"地方議会の挑戦―選挙と改革―" の題で、中邨章明治大学名誉教授、"人口減少を克服する議会の知恵" で、金井利之東京大学大学院教授、"地方財政を取り巻く医療・介護の動向―地域医療構想と介護保険制度改革―" を、土居丈朗慶應義塾大学教授、最後に "高齢社会を乗り越える地域協同" を、牛山久仁彦明治大学教授。そして質疑があり、懇親交流会が行われました。

2日目は"雇用を拡大する地方の知恵―地方創生特区(国歌戦略特区の二次指定―" と題し、藤原豊内閣府地方創生推進室次長、"市民提案を生かす地方議会の知恵―生き残りをかける議会の政策能力―" を、廣瀬克哉法政大学教授、昼食をはさんで、「地方創生は国の役割か」というタイトルで、激論1、伊田切徳美明治大学教授が "農山村再生への戦略"を、続いて 激論2、辻琢也一橋大学大学院教授の "―コンパクトシテイのあり方を含めて―" の予定となってます。

各教授の講演は50分で、なかなか時間中には話しきれない所が多く、聴いてる方もちょっと飛び飛びの感じで少し残念でした。各講演はパワ-ポイントを用いられてる教授が多かったですが、その資料が小さくて分かりずらいです。会場ではビデオ撮影されてる方もいらっしゃいましたが、もし来年も参加するようなら録画したいと思わせる講演もありました。


国宝・鳥獣人物戯画

東京国立博物館平成館で、"鳥獣戯画 京都高山寺の至宝" が展示されています。鳥獣戯画だけでなく、所蔵している高山寺を、華厳宗の道場として、鎌倉時代に再興した明恵上人の信仰と関わる名宝も展示されています。

鳥獣戯画は、日本人なら誰でも一度は見たことのある、日本でもっとも有名な絵巻物だと思います。うさぎとかえるの相撲、うさぎとかえるが猿を追いかけるシ-ンなど誰でも思い浮かべます。

この絵巻物は、甲、乙、丙、丁の4巻に分かれており、先ほどのうさぎやかえる、猿などが登場するのは甲の絵巻です。動物を擬人化し、さまざまな遊戯や儀礼に興じる様を描く甲巻は、鳥獣戯画4巻のうち最も知名度の高い巻です。昨日は日曜ということもあり、この甲巻を見る為に2階のフロア-は大勢の人で、2時間待ちの状態でした。

湛慶作の対の神鹿の彫刻も見事でした。次回は是非平日にでも、ゆっくりと鳥獣戯画を鑑賞したいものです!


委員会視察

第一回目の文教・治安委員会視察がありました。年間4回県内各地を視察します。今回は県北地域で、茨城県立大子清流高等学校、常陸太田市特別支援学校、水戸徳川家墓所を回りました。

清流高校では県内唯一の森林学科の授業も見せていただきました。今環境問題や急激な気候変動による温暖化対策が大きな問題となる中、森素育て循環型環境をめざし、木材と環境の保全を体系的に学ぶ学科だそうです。森林学科3年生の授業では、山林から切り出した木を使っての、製材機操作やほぞ製作、レ-ザ-加工実演などを見学しました。そこで作製していた茨城県の形のキ-ホルダ-をいただいてきました。何かを作る、生み出すっていうのはいいですね!

生徒たちが作成したいすや机が、実習室の一角にありましたがどれも素晴らしい作品のでした。是非展示室を作って生徒の作品を展示したらと思います。ただ「森林科」という学科にすると入学する生徒が限られてしまうような気がします?
昨日は暑いくらいの日差しでした。恒例の「小貝川フラワ-カナル 春の花祭り」が、椚木県南防災センタ-近くのふれあいの森で開催されました。今年のポピ-は見事な花を咲かせてました。朝からつつみ幼稚園の園児の鼓笛や歌に始まり、手話ダンス、ピアノ演奏、コ-ラス、太鼓、ハワイアンフラダンス、馬頭琴演奏、よさこい、そして藤代中学吹奏楽部演奏と、1日中、水と緑の中で美しい花と共に楽しまれた事と思います。藤代まちづくり協議会のみなさんご苦労様でした!

小貝川フラワ-カナルから、市内小林住宅の「新緑会」、取手市日中友好協会総会、戸頭ふれあい祭りと回りました。午後から忙しい1日でした。
丸ノ内の三菱一号館三菱美術館に、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展を観にきました。この美術館は、3階建ての赤レンガ造りの歴史を感じさせる建物で、入口は中庭に面しており、そこはお洒落な休憩場所でバラの花が咲き乱れ多くの人たちが集ってました。

日本画に比べると、西洋美術は余り好きな方ではありませんが、ブリジストン美術館の作品展に行ったら、他の作品も見たくなりました。ルノワ-ル、マネ、セザンヌ、ドガ、ゴッホら印象派以降の巨匠たちの作品が並んでました。

この美術館は小さな部屋に分かれており、2,3階のそれぞれの部屋に作品が展示されています。個人的にはルノワ-ルの有名な「アンリ夫人」、イブニングドレスの彼女が後ろの青いバックに溶けてしまいそうな、淡い感じが好きです。

フランス美術らしい優美で鮮やかな作品が、初夏の季節にぴったりのような気がしました。
毎年5月から6月にかけては各種団体等の総会のシ-ズンになります。私にもいろんな会の総会の案内が送られてきます。昨日は公私ともにお世話になっている方が代表をしているNPO法人の総会でした。知的障害者の自立を目指すことを主旨とした、知的障害をお持ちの皆さんの会です。

茨城県では、今年度予算の中で「特別支援学校整備事業」に予算額14億3627万余を計上しています。内訳は常陸太田市に特別支援学校、小学・中学・高等部の新築工事で、平成28年4月1日開港予定です。今年の4月から小学部は先行開港しています。

児童生徒数の急増に伴う教室確保の為、伊奈特別支援学校、美浦特別支援学校の校舎増築、勝田特別支援学校の仮設校舎設置、また学習環境向上の為、小中学部普通教室への空調設備の整備を予定しています。

今年からの新規事業として障害者就労支援強化事業と、障害者工賃向上応援事業の予算が組まれています。障害者就労支援強化事業の予算は5167万円余です。

1つは害者就業・生活支援センタ-への生活支援員の増員で、これまでの9名から17名になります。2つ目は工賃向上のための事業所への支援ですが、月額工賃が県平均以下の事業所管理者の研修事業、商品開発や生産性向上などに取り組む事業所に対し、指導・助言を行うアドバイザ-を派遣する事業、そのアドバイザ-派遣により課題に取り組む事業所で、商品開発などに要する備品整備等の経費補助の事業になります。

また平成26年度補正で5360万円余の予算の障害者工賃向上応援事業は、工賃向上計画を作成し、工賃向上に積極的に取り組んだ事業所に対して運営費などの補助を行い事業所を支援する事業です。

昨日は総会で会の決算と事業計画案を見せていただきました。なごみやかたらいの売店運営に新たにさくら荘の売店も始めているそうです。質疑の時、研修会や各種行事の時まだ参加していない人たちも参加できるようにしたら?との質問がありました。なかなか広報は難しそうですが、取手市にお願いして、広報紙に定期的に活動などを掲載されたらどうなんでしょうか。

会員の高齢化の話も出ていましたが、元気で頑張って下さい!

ゴ-ルデンウイ-ク

あっと言う間にゴ-ルデンウイ-クも終わってしまいました。3日から5日まで特に何をしたということもなく、気がついたら7日になっていました。それでも久しぶりにのんびりしました。いつもだと7時過ぎには起きて朝食を食べて会社に出るのが、日頃の習慣で朝目覚めましたがそのまま起きることもなく9時過ぎくらいまで寝ていました。後はTVの前であちこちチャンネルを回しながら過ごしました。

大学生になった子どもたちと最近はあまり一緒に出掛けることも少なくなりましたが、子どもの日に4人で都内にお昼を食べに出かけました。上野東京ラインの開通で、快速電車が東京駅まで直接乗り入れてるのですごく便利になりましたが、だまだ本数が少ない気がします。反面上野駅からの下り電車は今まで10,11番線が取手までの快速電車のホ-ムでしたが、品川からの電車は6番線とか、7番線にも止まるので、ちょっと分かり難いです。

爽やかな日が続いたゴ-ルデンウイ-クでした。帰省ラッシュで高速道路や新幹線、飛行機の混雑ぶりを見ていると、日本とは平和な国だと感じました。


このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ