2016年2月アーカイブ

3月定例議会

明日、2月8日から第1回定例議会が始まります。ずっと一般質問のやり取りに追われてましたが、ようやく質問内容も固まってきました。又、明日本会議前後に事務局と打ち合わせ予定です。

これまで7度一般質問に立ちましたが、いつもこの質問内容で大丈夫なのか?焦点がずれていないか?心配の連続です。後10日余りですので、内容を精査し、校正し、原稿を読み込んでいきたいと思います。

当日は藤代地区の役員さんたち、約50人が傍聴予定です。お天気だといいのですが!

一般質問項目

3月定例議会も今週金曜日から始まります。

私の一般質問は8日ですが、ようやくその一般質問の内容が固まってきました。先ず地方創生についてで、茨城県の人口ビジョンと総合戦略の実現に向けた取組について、また市町村支援について知事及び企画部長に質問します。

次に茨城県の広報強化について、また先日茨城県の指定廃棄物について分散保管が認められましたので、指定廃棄物の処分について。

教育関係は個人的に好きな心の教育について、警察関係では、今年G7つくばや県北ア-トフェステイバル開催が予定される中、サイバ-テロ対策について。

農業関係では、TPP対策で国において土地改良関係で多くの予算が計上されたことにからみ、土地改良施設の安全対策について。

土木関係は、取手二校が新築されたので、その通学路県道白山取手線の補修について、昨年質問した県道取手つくば線の酒詰交差点改良について、事務局と内容の構成について打ち合わせているところです。

2016年度当初予算

18日、茨城県の2016年度当初予算案の説明がありました。一般会計の当初予算規模は1兆1210億200万円、対前年度比3.5%減(東日本大震災関連分を除いては0.5%増)。予算規模としては過去3番目。

主な事業としては、1、関東・東北豪雨及び東日本大神からの普及・復興、防災体制の強化関係に、総額917億円。2、国の施策を踏まえた対策として、地方創生・TPP・一億層活躍社会関連、3、産業大県・生活大県づくりの推進関連となっています。

昨年度当初予算編成時点において、約200億円と見込まれた平成28年度の収支不足額は、県税収入の増加や、退職手当債の特例期間が10年間延長されたことなどにより110億円程度となった。この収支不足110億円について、さらなる歳出改革、歳入確保に向けた取組によって財源を確保し、一般財源基金からの繰り入れを行わない予算を編成。

その歳出改革の取り組みですが、①人件費の抑制として7億円、職員数の削減や給与カット(特別職の給与月額カット 8~15%)、②公共投資の縮減・重点化として61億円程度、国補公共事業を12.7%減、県単公共事業9.9%増、③事務事業費の見直しとして45億円程度、補助金の縮減、一般行政施策の見直し等、財源構成の見直し、公債費負担の抑制。

歳入確保に向けた取組として、①自主財源の確保として14億円程度、県税収入の確保、県有未利用財産の売却、収入未済額の縮減等、②特別会計資金の活用として2億円程度、市町村振興資金特別会計資金の活用、競輪事業特別会計資金の活用。③信泉建設資金貸付金元金収入活用として約42億円。

春一番

春の嵐でした。TVニュースでは関東地方に春一番が吹いたと伝えてました。それにしてもすごい風でした。昨日から気温が上がり、4月下旬から5月上旬のお天気だったようです。

今日はここ酒詰上地区の次年度の役員を決める会と、後援会の役員会が重なってしまいましたが、時期役員が早く決まり助かりました。区長の役ももうじき終わります。後は総会と役員の慰労会のみです。最後まで頑張ります!!

Match Toride

取手市では、一般法人 とりで起業化支援ネットワ-クを設立し、取手市内での起業・総業を積極的に支援し、取手市全体が企業家を応援する社会「企業家タウン取手」の実現を目指します。その創業支援事業の愛称を「Match」(マッチ)と名付け、今日開会式が行われました。

「Match」には、「創業希望者の心に火をつける」マッチ、「人と人の出会いの場」のマッチング、「街」のマッチなどの意味を含ませているそうです。その「Match」の中心となる、とりで起業支援センタ-「Match-HAKO」(マッチ箱)が取手駅西口リボンとりで5階にオ-プンしました。

潜在起業者を掘り起こすために、Match-46というフリ-ペ-パ-を発行し、市内の中小企業とうの情報を発信、企業家にMatch-Cardというカ-ドを発行してバックアップ、キギョウアドバイザ-や企業応援団を募集し企業家をサポ-ト、など様々な形で企業者を応援する仕組みのようです。その拠点が駅前のりぼん取手5階ですが、一人用のブ-スや2~6人用の個室オフィス、会議室、フリ-スペ-スが用意されていました。

是非多くの若い皆さんには取手市で企業を目指してほしいです!
"まさやレポ-ト No19"が刷り上がり、明日新聞に折り込みます。今年は取手市議選があったので、それが終わってからにしようと思い、日を選んでいたら2月に入ってしまいました。

表面には、昨年の関東・東北豪雨の復興状況で、国・県・関係7市町が主体となる緊急的な治水対策 「鬼怒川緊急対策プロジェクト」が決定されたこと。また県においてもこのプロジェクトの着工前に、「鬼怒川流域緊急対策推進室」を設置したことを。

裏面には、国の地方創生を受けて、昨年決定された「茨城県人口ビジョン」、「茨城県ひと・まち・しごと創生総合戦略」について。さらに新春の明るい話題として、「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」、「KENPOKU ART 2016」の開催や、茨城空港の路線拡大、圏央道、取手二校新校舎の話題を取り上げました。

明日の朝の新聞でみて下さい!

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ