2017年7月アーカイブ

勉強会

第三回定例会の私の一般質問が10月16日に決まり、その一般質問の勉強会を始めました。

会派での視察を受けて、オランダのどもの幸福度世界一をうけて日本の子どもたちの幸福度をあについてや原発の廃炉の問題、またマスコミで騒がれている取手市内中学生の自殺の問題、利根町の過疎地域指定の問題などを考えてます。

まだこれから取り上げたい課題を調べて、勉強会に臨む予定です。いろんな雑用や集まりがあり、中々はじめられないで焦ってしまいます。
10月の一般質問に向け頑張って行きたいと思います!

予算特別委員会視察

今日24日と明日25日、予算特別委員会の視察で秋田県です。

秋田空港から、仙北市役所に向かい、地方創生・近未来特区の概要、特区プロジェクトの取組状況、今後の展開について伺う予定です。

飛行機からは、記録的な大雨の影響で川の濁流や、水の流れが見受けられました。
仙北市へ向かう道路も被害が出ているようで、橋も流されたようです。

曇り空で陽がでていないので、今日は多少楽な気がします!!

県外視察

視察二日目は、午前中三重県動物愛護推進センターを訪ね、そこから京都に向かい京都の堀川病院を視察する予定です。

動物愛護センターは、犬猫の譲渡事業を行っている施設で、平成29年5月28日に開始したばかりで、木造2階建て、建設費は2億6千万円です。

京都の堀川病院は、1972年から訪問介護を実施するなど、在宅医療の全国のさきがけとなった施設。一般病棟236床の総合病院。京都市西陣地域において患者本位の地域医療を一貫して行っている歴史と伝統を持つ病院だそうです。

昨日は関東甲信越も梅雨明けしたそうです。梅雨明けと聞くと、何となく今日は一段と暑いような気がします!!
18日から20日まで、常任委員会の県外視察になります。

今回の視察は関西方面です。三重県の三重大学医学部附属病院から三重動物愛護推進センター、京都の堀川病院、滋賀県のびわこ学園医療福祉センター草津、京都のオムロンのコミュニケーションプラザと廻って来ます。

関西は暑いんでしょうね!頑張ります!!

内閣支持率

時事通信が、今月7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2%減の29.9%になりました。

2012年12月の第二次安倍内閣発足以降最大の下げ幅で初めて3割を切りました。不支持率も14.7ポイント増え48.6%で最高になりました。 

支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来だそうです。
世界湖沼会議が、2018年10月15日から19日まで、茨城県のつくば国際会議場ほかで開催されます。

その第一回目の開催案内書が送られてきました。サブタイトルは「人と湖沼の共生-持続可能な生態系サ-ビスを目指して-」です。

世界湖沼会議(World Lake Conference、WLC)は、1984年に滋賀県の提唱により琵琶湖で開催された「世界湖沼環境会議」の後身として、世界各地で開催されている国際会議です。

茨城県では、1995年(平成7年)に第6回世界湖沼会議をつくば市及び土浦市を会場として開催しました。世界湖沼会議の開催は、23年ぶり2回目となります。

上野東京ライン

JR東日本水戸は、10月からのダイヤ改正で、常磐線の上野東京ラインへの直通運転を拡大すると発表した。

朝の通勤時間帯は、高萩駅始発の特急列車1本と、勝田、土浦各駅始発の普通列車計4本を新たに品川駅行きとし、茨城県などが要望していた同時間帯での、取手駅以北からの上野東京ライン乗り入れが実現する。

朝の通勤時間帯は、これまで同ラインで東京、品川各駅に乗り入れるのは取手駅発の快速電車5本のみで、他は上野駅止まりだった。

ダイヤ改正に伴い、高萩駅午前5時45分の特急列車に加え、勝田始発1本、土浦始発4本が品川駅まで運行することになります。

改正に伴い、常磐線の品川駅発着本数は、特急列車が16本増の上下計60本(平日)、普通列車が30本増の上下計64本(平日)となります。

取手駅始発発の上野東京ラインの本数は変わりませんが、県南地域の住民にとっては、通勤、通学などの利便性が高まります。

人口動態調査

総務省が今月5日発表した、今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、国内の日本人は前年から30万人8084人少ない1億2558万3658人。8年連続の減少で、30万人声は1968年調査開始以来、初めて。

人口に占める65歳以上の割合は過去最高の27.17%に達し、出生数は100万人を割り込んだ。少子高齢化と国内人口の先細りが加速している。41道府県が前年人口を下回り、東京圏への集中も進んでいる。

東京、名古屋、関西の三大都市圏の人口は合計6453万258人。11年連続で人口に占める割合が50%を超えたが、名古屋圏、関西圏では人口が減少。東京圏の割合は28.16%に増えた。

出生数は98万1202人、死亡者数は最多の130万9515人。出生数から死亡者数を引いた自然減は32万8313人と拡大。14歳以下の割合は12.69%で減少が続いている。

都道府県別では、減少数は北海道の3万3593人が最も多く、新潟、静岡が続く。減少率は秋田の1.34%が最も高く、次いで青森、高知の順。増加は、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、沖縄の3都県。東京は増加数7万7400人、増加率0.60%ともに1位だった。65歳以上の人口の割合は、秋田が34.21%と最も高く、沖縄が20.19%で最少だった。

日本に住民登録している外国人は、前年比6.85%増の232万3528人で、全ての都道府県が増えた。
国際オリンピック委員会(IOC)は10日、スイスのロ-ザンヌで開いた理事会で、2020年東京五輪のサッカ-会場に県立カシマスタジアムを追加するとの東京五輪大会組織委員会の提案を了承した。

サッカ-会場は、招致段階から計画されていた新国立競技場(新宿区)、札幌ド-ム(札幌市)、ひとめぼれスタジアム宮城(宮城県利府町)、埼玉スタジアム(さいたま市)、味の素スタジアム(調布市)、日産スタジアム(横浜市)とカシマスタジアムの7会場にとなった。

同スタジアムは県内初の五輪競技会場となります。


利根町長選開票

任期満了に伴う利根町長選と町議補選は、昨日投票が行われ、即日開票の結果、町長選は佐々木氏が初当選しました。投票率は57.47%で前回の67.84%を大きく下回りました。

通算5期目の当選を目指した現職遠山務候補は、残念ながら456票の差で敗れました。
選挙は本当に難しいです。

開票結果は 佐々木喜章 3705票
      遠山務   3249票
      井原正光  1164票 

利根町長選挙

6月27日に告示された利根町長選挙も、昨日最終日を向かえました。

連日朝から町内各地区で、遠山候補と共に支援を訴えて回りました。

昨日は18時から利根ヤオコー店横で最後の街頭演説でした。大勢の支持者の皆さんに集まっていただきありがとうございました!!

投票締め切りは18時、20時過ぎ頃には開票結果もでるんでしょうか!?

支持者の皆さんと、遠山候補の当選の万歳出来るのを期待しています!!

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ