運動会

取手市内のほとんどの小学校が運動会でした。地元の六郷小学校から、藤代小、山王小と回りました。

六郷小は開会式から出席しましたが、あまりに児童数が少ないので驚きました。反対に次の藤代小の運動会では、グランド一杯の児童や父兄の数にびっくりしました。数字上では、児童や生徒の数が減っているのは分っていても、実際六郷小や山王小の運動会に行って、改めて少子化を実感しました。

会社にもどり、取手市内の小学校の児童数を調べてみました。各学校のホ-ムペ-ジの児童数を見ると、各学年が複数学級なのは戸頭小、永山小、取手西小、取手東小、白山小、取手小、寺原小、宮和田小、桜が丘小、藤代小、久賀小で、高井小が一部の学年で一クラス、六郷小と山王小が全学年一クラスでした。

一番児童数が多かったのは、戸頭小で児童数536名、22クラスでした。反対に少なかったのは、山王小の68名、7クラスでした。(特別支援のクラスを含む) 戸頭小の各学年の児童数だけみても、山王小の全校児童よりも多い児童です。

やはり、最低でもクラス替えができる児童数の確保が、児童の学習環境にとって望ましい気がします。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2018年5月26日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定期総会」です。

次のブログ記事は「「生誕150年 横山大観展」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ