西日本豪雨

西日本豪雨により、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆さんにお見舞い申し上げます。

西日本豪雨から1週間。毎日増え続ける亡くなられた方や、行方不明の方の数に唖然とします。
茨城県支援対策本部の報告によると、7月12日朝現在、人的被害は死者175名、行方不明39名、負傷者140名。住宅被害は全壊88、半壊69、一部損壊483、床上浸水8159、床下浸水14807。避難状況は避難所304ヶ所、避難者6762人。

本県の対応ですが、「全国都道府県における災害時などの広域応援に関する協定」(全国知事会)等に基づき、本県にも応援要請があり次第、必要な支援について迅速に対応。
厚生労働省から保健福祉部へ保健師の派遣要請あり。
派遣先、広島県竹原市、活動内容、避難所の避難者の健康管理。
派遣者、1チ-ム4名、茨城県(保健師1名、事務職1名)、市町村(保健師2名)。
派遣期間、7月12日から8月2日。

・人的な支援
災害廃棄物対策課など災害対応の経験職員の派遣
外国語ボランテイアへの被災地支援の呼びかけ
災害復旧業務のための土木、農業系技術職員の派遣

・物的な支援
受託などの清掃用の高圧洗浄機(80台)、スコップ(約500本)の提供
仮設トイレなど生活用品の提供
ペットボトル水(2㍑×20000本)、水道管の補修部品の提供

・技術的な支援
「いばらき災害対応支援チ-ム」の派遣
(避難所運営、住家の被害認定、罹災証明等の経験者数名のチ-ム、県・市町村職員で構成、現在115名登録)
浸水被害を受けた農地の復旧ノウハウ等の提供。

義援金の募集
県庁舎及び主な合同庁舎に募金箱を設置予定。
日本赤十字茨城県支部及び茨城円共同募金会において義捐金を受付中。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2018年7月10日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪北部地震を踏まえた県有施設における塀の安全点検」です。

次のブログ記事は「保健福祉医療委員会県外視察Ⅰ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ