常任委員会

保健福祉医療委員会が、10時30分から開催されました。
先ず病院局の説明、審議、続いて保健福祉・医療の説明審議でした。

私の執行部への質問は、今定例会に提出されている「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」の一部改正についてと、児童虐待防止についてです。

条例は措置命令違反にかかる罰則強化、立ち入り調査拒否等にかかる罰則強化、犬のけい留義務違反等にかかる罰則強化です。

この条例の中に13条の、「野犬またはけい留されていない飼い犬が人に危害を加え、または加えるおそれがあり、かつ通常の方法によっては捕獲することが困難であると認めるときは、区域及び期間を定め、薬物を使用してこれを掃とうすることができる」「野犬等を掃とうするために配置した薬物を移動し、または損傷してはならない」とあります。

茨城県では平成28年に「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が制定され、犬猫の殺処分ゼロへの取組が一層推進されています。この条例と、今回の「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」の13条は矛盾しているように思いましたので、保健福祉医療委員会の裁決では、賛成しませんでした。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2018年9月14日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「代表質問」です。

次のブログ記事は「第三回定例議会最終日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ