2018年11月アーカイブ

戸頭歩け歩け会

今日は気持ちの良い一日でした。
早朝から戸頭公園に約350人ほどの人達が、歩け歩け会に参加しました。

私も藤井市長、入江議長と一緒に参加させて頂きました。会場の戸頭公園には、小学校入学前の子どもから、高齢の方まで年齢幅の広い多くの老若男女が来ていました。

私は初めて参加し、宮前ふれあい公園まで一緒に歩きました。ここは取手市が管理する利根川に近い場所ですが、紅葉が始まり素敵な公園でした。

私はここで失礼して出発地点へ戻りましたが、皆さんはここからグリーンスポーツセンターへ向かい休憩の後、龍禅寺から戸頭公園へ戻るというコースでした。

出発地点では役員さんたちが、かまど炊きのご飯のおにぎりと、豚汁の用意をしていました。豚汁は人参、大根、里芋なで具沢山で美味しかったです!

多少は日頃の運動不足解消になったでしょうか?

まさやレポートNo31

「川口まさやレポート」の最終校正が終わり、15日に新聞折り込み予定です。
今回のレポートは、これまでの議会報告ではなく、県議会議員として何を目指していくのか?、どんなことを為ていきたいのか?、政治家としての公約のような事を掲載しました。

表面では、「川口まさやの決意」を述べさせて頂きました。
また、これからの少子・高齢化、人口減少社会の中で、「教育」、「子育て支援」、「高齢者の健幸」の3点を特に進めて行きたいと思います。

現在の日本の借金は1000兆円を超えます。しかし国では財政健全化目標を5年間先送りしました。最近の経済の好転により、茨城県の税収も伸び、一時のような危機的状況ではないと思いますが、これからの少子・高齢化を考えると社会保障費の延びは避けられず、大変な状況は変わりません。財政健全化は待ったなしです!そこで茨城県の財政状況を載せました。

裏面では、今取手市の中で取り組んでいる茨城県の事業を取り上げました。
私達が日々生きていく中で大事なことの一つは、安全・安心な街づくりです。
各地で発生する大規模な自然災害に対応するためにも、河川や道路などのインフラの整備等掲載しました。

これからの取手市の活性化には、取手市が東京から近く通勤・通学圏内であることからも、JR常磐線快速電車の利便性の向上、国道6号線の4車線化が求められると思います。確かに高齢化は問題ですが、、子どもの数が減らなければ、若い人達が取手市から流出せず、反対に若い人達の流入が増えれば取手市の高齢化も鈍化します。「取手市」が若い人達から選ばれる、住みたいと思うような街になるのは、地域間競争が激しい今、大変ですが、10年後、20年後の取手市を見据えて努力して行きたいと思います。

護摩たき

藤代町内の古刹高蔵寺の護摩たきに、来月に控える茨城県議会議員選挙の必勝祈願のお願いに行ってきました。

五十嵐住職とは、商工会青年部の頃からのお付き合いです。飾らないお人柄で、いつも周りの人を笑わせてる、スポーツマンでもあります。

私は今回初めてでしたが、薬師如来像の迫力に驚きました。護摩たきの前の話では、旧藤代の頃は指定文化財になっていたそうですが、納得の如来像です。勿論ご本尊様も素晴らしかったです。。

護摩たきは一種独特の雰囲気がありますよね。それにしても本堂に響いた太鼓は凄い迫力でした!来年も是非参加出来ますように!

一般質問

第4回定例議会が先月29日に始まりました。

今回は11月末から始まる茨城県議会選挙前の、慌ただしい中での議会です。

昨日から一般質問が始まり、私も今日15時50分から質問に立ちました。

1、人口減少社会における地方創生の取り組み
 (1)本県が目指す地方創生の姿
 (2)県財政の健全化
 (3)中小企業における人材確保対策
 (4)子どもの貧困における人材確保対策
 (5)幼児教育の無償化に向けた待機児童対策
 (6)橋梁の長寿命化
2、公文書の適切な取扱い
3、東海第二原発の再稼働について
4、犬猫殺処分ゼロに向けた取り組み
5、全国学力・学習状況調査のあり方について

以上について質問し、知事はじめ関係部長、教育長から答弁をいただきました。

このアーカイブについて

このページには、2018年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年10月です。

次のアーカイブは2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ