令和

5月1日の新天皇ご即位に伴う新元号が「令和」に決定しました。

日本の元号は、飛鳥時代から1300年超の歴史を有する、世界で唯一制度が残る国だそうです。

「令和」の出典は日本最古の歌集「万葉集」で、「初夏の例月にして、気淑く風和ぎ、、、」の中の二文字を取った造語で「良い和」という意味になるそうです。

日本に初めて元号が登場するのは飛鳥時代で、孝徳天皇即位時(645年)の「大化」とされています。その後、皇位継承のほか、天災や疫病の流行などを理由として改められ、明治以降は旧皇室典範などで天皇一代に一つの元号という「一世一代」制が導入されたそうです。

1979年に成立した元号法(元号は政令で定める。元号はこ皇位の継承があった場合に限り改める。)に基づき政府が決定権を持っています。

元号はその時代が終わる時に評価されると思います。平成と云う時代は、自然災害が多発し、政治的にも経済的にも厳しい時代がったように感じます。令和という時代が、後で戦争のない平和で良い時代だと言われるようであって欲しいと思います。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2019年4月 5日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「土牛、石田を耕す」」です。

次のブログ記事は「統一地方選」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ