平成快挙録

茨城県笠間陶芸美術館で「第25回日本陶芸展」が開催されています。

隔年開催の日本陶芸展は、会派や団体にとらわれず「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」というコンセプトのもと、約半世紀にわたり開催されてきた公募展だそうです。

この陶芸展において、第23回では井上栄基氏、第24回は井上雅之氏、そして今回第25回は五味謙一氏の茨城県在住の陶芸作家が大賞を受賞し三連覇を成し遂げました。

美術館を入って受付の先に、大賞・桂宮賜杯を受賞した井上栄基氏の「碧彩鉢」と、井上雅之氏の「NT-171」が展示されています。

展覧会は、「伝統部門」、「自由造形部門」、「生活の器部門」にわかれ、今回「大賞・桂宮賜杯」を獲得した五味謙一氏の「shi-touシサ」は何とも不思議な、丸みを帯びたかわいらしい、癒されるオブジェです。

会期は7月7日までです。お見逃しなく!

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2019年5月31日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第二回定例会提出議案等説明会」です。

次のブログ記事は「野菜の安全と栄養」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ