保育所等利用待機児童数

平成31年4月1日現在の県内待機児童数は345人で、平成30年4月1日の待機児童数と比較して41人減少し、直近5年間で最少となったそうです。

施設数は752施設、利用児童数は56380人で待機児童数は345人です。(平成31年4月1日)
また待機児童354人の内訳は、0~2歳児が303人で87.8%、3歳児以上が42人で12.2%と、0~2歳児が9割近くを占めている状態です。

待機児童が発生している市町村は20市町村で、そのうち20人以上の待機児童が発生しているのは4市町です。
待機児童が最も多かったのはつくば市で131人、続いてつくばみらい市33人、阿見町31人、ひたちなか市25人、水戸市・牛久市18人、
取手市は15人でした。つくば市だけで県内待機児童数の3分の1以上を占め、同市を含めた県南地区の待機児童数は239人で、県全体の7割程度を占めたいます。

茨城県の対応ですが、まず国の「保育所等整備交付金」などを活用し、地域の実情に応じた保育所や認定保育園、小規模保育施設などの整備うあ、家庭的保育事業者の増加を図ることにより、待機児童が発生している市町村を中心に保育の受け皿の拡大を図っていきます。
また「いばらき保育人材バンク」や「保育士修学資金貸付」など各種施策の展開により保育人材の確保に取組んでいきます。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2019年7月31日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「川口まさや県政レポ-トNo34」です。

次のブログ記事は「八坂神社例大祭」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ