新型コロナウイルス感染症(変異株PCR検査陽性)患者の発生等について

 新型コロナウイルス感染症の患者等について、県衛生研究所及び民間検査機関で変異株のPCR検査を行ったところ、L452Rの変異がある変異株の陽性例が4例確認されました。

 県内では、これまでにL452R変異株の感染者が本件を含めて85例確認されております。
 今後、国立感染症研究所又は県衛生研究所でゲノム解析を行い、変異株の特定を行う予定となっております。

 *「L452Rの変異がある変異株」とは、「デルタ株」(従前「インド株」と称されていたもの)、「イプシロン株」、「カッパ株」などを含み、特に「デルタ株」は、従来株に比べて感染性やワクチンの効果を高める可能性があるとして懸念されている変異株。

1、新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の概要
  年代      性別    居住地       経過         備考
 ~20代 1名  男性 2名 茨城県及び県外 7月上旬陽性判明  ・既公表のL452R変異株陽性者の接触者
   30代 1名  女性 2名                         *1カ月以内の海外渡航歴なし
   60代 2名

  *現在、感染経路のついては管轄保健所で調査中であり、接触者等については広く検査を実施しています。

このブログ記事について

このページは、川口まさやが2021年7月15日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型コロナウイルス感染症患者の発生及び退院・退所等について」です。

次のブログ記事は「新型コロナウイルス感染症患者の発生及び退院・退所等について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ